極端だけど健康が一番!

健康に良い事は何でも試す、健康オタクS子のブログです。

血糖値の急上昇を防ぐ食事方法について

こんにちは!S子です。

本日は血糖値の上がり方を緩やかにする食べ方について紹介したいと思います。

 

血糖値って言葉聞かれたことはあると思います。この血糖値ですが、上がるスピードをコントロールすることで健康やダイエットに大きく影響を与えるほど重要なんです。

 

 

血糖値を上げにくくする方法

血糖値の上がり方を緩やかにする方法はいくつかあります。いくつかある中で、食前、食事中に取り入れやすい方法について紹介していきたいと思います。

 

  • 食べる順番を意識する

食べる順番ダイエットで聞いたことがあるという方はたくさんいると思います。この食べる順番ダイエットですが、血糖値が急上昇しないものから食べることで体に脂肪をため込まないようにするという方法なんです。具体的には食物繊維が豊富でGI値の低い野菜から食べていき、次に肉、魚、卵といったたんぱく質、最後にたんぱく質をとるという方法です。

 

  • 食前に豆乳を飲む

ダイエットを始めて以来私が継続しているのが食前に無調整の豆乳を飲むということです。これは自分でも効果を実感しているおすすめの方法です。無調整の豆乳は食物繊維も豊富で、糖の吸収を緩やかにしてくれます。カリウムも豊富なのでむくみ対策にもなります。ここで注意していただきたいのが、選ぶ豆乳は「無調整」であることです。ここで調整豆乳を選んでしまっては、砂糖が含まれておりせっかくの血糖値の上昇を緩やかにするという効果が期待できません。味になれるまでは大変ですが、ぜひとも試してみてください。中でもおすすめなのが、スジャータの「豆乳+おから のむ大豆」という豆乳です。白いパッケージのものもあるのですが、赤いパッケージのほうが食物繊維が豊富でダイエットに向いています。(200mlあたり4.9gも含まれています!!)

とろみがあり、濃厚なので、電子レンジで200ml、500ワットで1分30~2分温めるとスープのように味わえます。

もし、豆乳がどうしてもだめでという方は、牛乳、野菜ジュース、トマトジュースを食前に飲んで見てください。これらも食前に飲むことでその後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

  • 食後に緑茶をのむ

カテキンには食後の血糖値の上がるスピードを緩やかにしてくれる効果があります。あまり苦くて飲みなれない方は牛乳を入れると味がまろやかになります。カテキンの効果で血糖値が急上昇しにくくなるので食前、食事中、食後いつでも良いので取り入れてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?血糖値の上昇を緩やかにすることはそれほど難しくないとお判りいただけ多と思います。血糖値の急上昇を避けることはダイエットだけではなく体への負担も減るので、何をどういう順番でたべるかを普段から意識してみてくださいね。