極端だけど健康が一番!

健康に良い事は何でも試す、健康オタクS子のブログです。

頭痛に関係のある食べ物と成分について

こんにちは!S子です。

 

本日は頭が痛いときに摂りたい食品についてご紹介します。

食べ物に含まれる成分で頭痛が軽くなったり、反対にひどくなってしまったりすることをご存知ですか?

頭痛の原因は食生活以外にも、寝不足や寝すぎだったり、季節の変わり目だったり、ストレスだったりと様々です。

自分の頭痛が何が原因で起こってるか分かれば対処しやすいのですが、どうして頭痛が起きているのかわかっているなんて方はあまりいらっしゃらないと思います。

正直私も頭痛がするときはストレスかな?それとも寝不足だからかな?といった具合ではっきりと原因がわかることは少ないです。(飲み会の翌日はお酒が原因だとわかるようになってきました!)

 

私ですがチーズが好きで、チーズを食べすぎた次の日の朝がなんとなく頭痛に悩んでいました。チーズ以外にも夜ご飯に玉ねぎを食べた日は、翌日頭が痛くなっていました。そんなことがあり、食べ物と頭痛は関係するのかなと思ったことがきっかけで、頭痛を引き起こす成分について調べてみました!

 

頭痛を避けるために控えたいもの

・チラミン

血管を収縮させる作用がある成分で片頭痛の原因となります。チーズ、玉ねぎ、チョコレートに多く含まれている成分です。

 

ポリフェノール

身体の酸化を緩やかにする作用で積極的にとりたいと思いがちですが、頭痛を引き起こす原因となる成分の一つです。頭痛でよく悩む方は控えたほうが良いかもしれません。チョコレートや赤ワインに豊富に含まれています。

 

グルタミン酸ナトリウム

こちらも頭痛を引き起こす成分の一つです。うまみ成分として調味料でよく使われるもので、血管拡張作用があります。スナック菓子に良く含まれている成分です。

 

頭痛を和らげるために取りたい成分

・水分

脱水症状がおこっているときに頭痛がするのは水分不足だからだそうです。二日酔いで頭痛がするときは、水分不足であることが考えられます。

 

マグネシウム

血管を緩めてくれるため、血管が拡張しているときにおこる片頭痛に効果のある成分です。ホウレンソウ、イワシ、アーモンド、バナナ、大豆製品に豊富に含まれているので朝起きたときに頭痛がする場合は今日のお弁当にこれらの食品を使うのもいいかもしれません。

 

・オメガ3

鮭、イワシ、サバ、サンマといった魚介類に豊富に含まれている成分です。これらの食品も片頭痛や炎症が由来の頭痛には効果的です。

 

・カフェイン

頭痛が起こったばかりの時に摂ると効果的だそうです。ただ、摂りすぎるとカフェインの利尿作用により水分不足となり、脱水状態となりより頭痛を引き起こすこともあるようなので一杯程度にとどめておいた方がいいかもしれません。コーヒー、緑茶、抹茶、紅茶に多く含まれています。

 

以上が頭痛と関連性のある成分と食品でした。頭痛でお悩みの方は頭痛を引き起こしがちな成分は控えるようにして、頭痛を和らげる成分を少し取り入れてみると頭痛で悩むことが減るかもしれないですね。私は夜のチーズをやめてから翌日頭痛で悩むことが少なくなったので、避けたほうが良い成分の食品を控えるだけでも効果はあると思います。