極端だけど健康が一番!

健康に良い事は何でも試す、健康オタクS子のブログです。

誰でも簡単にできる時短お弁当

こんにちは!

S子です。

 

本日は私が1年半以上続けている手間のかからないお弁当について書きます。

 

あまりの健康オタクなもので何食べているの?とよく言われますが、味の濃いものや自分の体が酸化しそうなものは食べないです。ざっくりとしすぎですが一人暮らしを始めてから食べていないものの中に揚げ物、ラーメン、うどん、そうめん、冷麺があります。

基本的に昼も夜も外食はせず、調理と呼べるような調理もせず3年間独り暮らしをやっています。

外食をする頻度は2、3か月に一回ほどで、会社にも毎日お弁当を持って行っています。野菜だけのお弁当+魚の缶詰か魚のレトルトパックといった炭水化物っぽいものが見当たらない昼食を食べています。

節約をしたいと思って始めたお弁当作りですが、作るのに時間がかかるのが厄介だと感じていました。特にお弁当を始めたころは、本を読んで週末に大量の肉をゆでて小さくラップに分けて冷凍庫に入れたり、味付けした野菜を冷凍庫に入れたりとその時間がなんだか惜しいなと感じていました。というのも私はすぐに何を食べたか忘れるタイプなので、忘れてしまうことにそれほど時間を割きたくないというのが本音でした。

 

そこでお弁当のレシピ本は無視して、冷凍野菜だけで構成されたお弁当を持っていくことにしました!本当に極端でお恥ずかしいので、なかなか人様に見せられるものではないのですが、蓋を開けると野菜オンリーです。ですがこれのおかげでお弁当の準備にかける時間が冷凍食品を購入する時間と詰める時間のみ(1分もかからないです。)となり、しっかり時間を節約できています。

 

毎日ブロッコリー、レンコン、カボチャ、菜の花、ホウレンソウ、コーン、インゲン、人参の冷凍野菜のうち4、5種類を弁当箱に冷凍のまま入れて会社にもっていっています。

朝仕込むのが8時頃で、昼ご飯は13時から15時の間に取るのですが、ちょうど溶けており、凍ったまま持ってくるおかげか傷まず良い感じです。

 f:id:jitan-healthcare:20180819073018j:plain

いつもこんな感じのお弁当と魚の缶詰を会社にもっていっています。

このお弁当を始めてからは時間とお金の節約以外にも良いことがありました。なんと体重が見る見るうちに減ってきたのです!

それもそのはず、炭水化物と呼べるものはこの野菜の中だとレンコン、カボチャ、トウモロコシぐらいでお米も入っていないので、良い意味で糖質控えめになっています。カロリーも魚の缶詰と併せてもおそらく350~500くらいだと思います。

あと、食後の眠気もなくなりました。おそらく血糖値も急激に上がることのないような内容なので、そのおかげだと思います。

 

f:id:jitan-healthcare:20180819073153j:plain

使っている野菜はカボチャ以外業務スーパーの野菜です。不思議なことに原材料のみにも関わらず、様々なメーカーの冷凍食品を食べ比べると味もメーカーによって異なります。私は業務スーパーのカボチャより他のメーカーのカボチャにはまってしまったため、カボチャのみ業務スーパーでは買わずニッスイのカボチャを使っています。

 

たまには違う種類の野菜を入れたいので、痛みにくい冷凍野菜を知っている方、コメント欄などで教えていただけるとありがたいです。