極端だけど健康が一番!

健康に良い事は何でも試す、健康オタクS子のブログです。

よく缶詰めに入っている「グァーガム」って何?メーカーさんに電話で聞いてみた!

こんにちは!S子です。

本日は食品添加物の「グァーガム」について書いていきたいと思います。

 

グァーガム」って何?って思われる方多いと思います。私も知ったのはここ最近のことで、ふとよく食べる缶詰めに何が入っているのか気になり様々な種類の缶詰の原材料名欄を見てみました。

すると蒲焼系、味噌煮系、しょうゆ味系によく見られたのがこの「グァーガム」。

グァーガム」って何だろう??よくわからなかったのである缶詰めの3つのメーカーさんに電話して聞いてみました!(次のメーカーさんA、B、Cは実際のメーカーさんの頭文字ではありません。)

 

・メーカーさんA

私「すみません、グァーガムって何か気になって、どういうものか教えていただけませんか?」

 

A「増粘剤として使われる食品添加物です。片栗粉のような役割で粘りを出すために使うことが多くて、グァーという名前の木のきのみをすりつぶしたものなんです。」

 

私「きのみですか?」

A「そうなんです。マメ科の植物なので安全性が高く、心配ないものですよ。」

 

私「そうなんですね!赤ちゃんが食べても大丈夫ですか?」

A「大丈夫ですよ!」

私「保存料とはまた別ですか?」

A「粘り気やとろみをだすもので、保存料ではないんです。」

私「保存料ではないんですね!わかりました、ありがとうございます!」

 

 

・メーカーさんB

私「すみません、グァーガムって何か気になって、どういうものか教えていただけませんか?」

B「グァーガムですか?何に入っているものかお調べするので、お手元の商品記載のバーコードの数字を読み上げていただいてよろしでしょうか?」

私「はい、(数字を読む)」

B「お待たせいたしました。増粘剤として利用しているグァーガムですね。粘り気を出すために使うもので、豆の木のみをすりつぶした安全性の高い食品添加物です。化学調味料ではないのでご安心ください。」

私「わかりました!ありがとうございます。」

 

・メーカーさんCお客様相談室

私「すみません、グァーガムって何か気になって、どういうものか教えていただけませんか?」

C「食品添加物ですね。とろみを出すために使っているものでグあーという豆からできています。」

私「そうなんですね。」

C「国に認められた食品添加物で安全性が高く、気にするほどのものではないですよ。」

私「そうなんですね。ありがとうございます。」

 

まとめ

よく缶詰めに使用されている「グァーガム」は化学調味料や保存料ではなく、天然由来の食品添加物であることがわかりました。赤ちゃんが口にしても安全で、アレルギー反応もおこりにくいそうです。一見片仮名表記で聞きなれないので化学物質かなと思いますが、実際は木の実をすりつぶしたものなんですね!またこれからも成分については電話で確認してみたいと思います。ご質問にお応えいただいたメーカーの方々、ありがとうございます!