極端だけど健康が一番!

健康に良い事は何でも試す、健康オタクS子のブログです。

誰でも簡単にできる時短お弁当

こんにちは!

S子です。

 

本日は私が1年半以上続けている手間のかからないお弁当について書きます。

 

あまりの健康オタクなもので何食べているの?とよく言われますが、味の濃いものや自分の体が酸化しそうなものは食べないです。ざっくりとしすぎですが一人暮らしを始めてから食べていないものの中に揚げ物、ラーメン、うどん、そうめん、冷麺があります。

基本的に昼も夜も外食はせず、調理と呼べるような調理もせず3年間独り暮らしをやっています。

外食をする頻度は2、3か月に一回ほどで、会社にも毎日お弁当を持って行っています。野菜だけのお弁当+魚の缶詰か魚のレトルトパックといった炭水化物っぽいものが見当たらない昼食を食べています。

節約をしたいと思って始めたお弁当作りですが、作るのに時間がかかるのが厄介だと感じていました。特にお弁当を始めたころは、本を読んで週末に大量の肉をゆでて小さくラップに分けて冷凍庫に入れたり、味付けした野菜を冷凍庫に入れたりとその時間がなんだか惜しいなと感じていました。というのも私はすぐに何を食べたか忘れるタイプなので、忘れてしまうことにそれほど時間を割きたくないというのが本音でした。

 

そこでお弁当のレシピ本は無視して、冷凍野菜だけで構成されたお弁当を持っていくことにしました!本当に極端でお恥ずかしいので、なかなか人様に見せられるものではないのですが、蓋を開けると野菜オンリーです。ですがこれのおかげでお弁当の準備にかける時間が冷凍食品を購入する時間と詰める時間のみ(1分もかからないです。)となり、しっかり時間を節約できています。

 

毎日ブロッコリー、レンコン、カボチャ、菜の花、ホウレンソウ、コーン、インゲン、人参の冷凍野菜のうち4、5種類を弁当箱に冷凍のまま入れて会社にもっていっています。

朝仕込むのが8時頃で、昼ご飯は13時から15時の間に取るのですが、ちょうど溶けており、凍ったまま持ってくるおかげか傷まず良い感じです。

 f:id:jitan-healthcare:20180819073018j:plain

いつもこんな感じのお弁当と魚の缶詰を会社にもっていっています。

このお弁当を始めてからは時間とお金の節約以外にも良いことがありました。なんと体重が見る見るうちに減ってきたのです!

それもそのはず、炭水化物と呼べるものはこの野菜の中だとレンコン、カボチャ、トウモロコシぐらいでお米も入っていないので、良い意味で糖質控えめになっています。カロリーも魚の缶詰と併せてもおそらく350~500くらいだと思います。

あと、食後の眠気もなくなりました。おそらく血糖値も急激に上がることのないような内容なので、そのおかげだと思います。

 

f:id:jitan-healthcare:20180819073153j:plain

使っている野菜はカボチャ以外業務スーパーの野菜です。不思議なことに原材料のみにも関わらず、様々なメーカーの冷凍食品を食べ比べると味もメーカーによって異なります。私は業務スーパーのカボチャより他のメーカーのカボチャにはまってしまったため、カボチャのみ業務スーパーでは買わずニッスイのカボチャを使っています。

 

たまには違う種類の野菜を入れたいので、痛みにくい冷凍野菜を知っている方、コメント欄などで教えていただけるとありがたいです。

 

脱水症状、脳梗塞、心疾患に注意!世界一受けたい授業のまとめ

f:id:jitan-healthcare:20180818211803j:plainこんばんは!S子です!

 

8月18日に放送された「世界一受けたい授業」の内容が、毎日の生活におこりうる可能性のある健康問題のことだったので、思わずブログを書こうと思いました。内容は、夏におこりやすい注意したい症状と対策についてでした。

 

筋肉の少ない人は脱水症状をおこしやすい!?

 

筋肉はなんと約70%が水分ということなのです!つまり筋肉量が多ければ体内の水分量は多くなり、筋肉が少ない人は体の水分が少なくなる傾向にあるのです。今からでは間に合わないと思われますが…。来年の夏、より快適に過ごせるよう筋トレを始めるのもよいかもしれません

 

脱水症状にならないために

朝と夜とで体重が1パーセント以上減っている人は脱水症状の傾向があるようです!寝ている間は水分補給ができず失われる一方なので、夜眠る前は必ずコップ一杯の水を飲みましょう。この時、カフェインの入っていないミネラルの豊富な麦茶か水を飲むようにしてください。カフェインには覚醒作用以外に利尿作用もあるため、脱水症状を助長してしまうんだそうです。私は朝の緑茶と抹茶をやめることがなかなかできないのですが、やめられない分、脱水症状にならないようしっかり水分補給をしなければいけないと思いました。

 

夏は脳梗塞の危険が高い

夏は脳梗塞の発症リスクも高くなってしまうのだそうです。特に、座りっぱなしというのは血流が悪くなってしまうため、同じ姿勢でじっと座っているのは体によくないのだそうです。30分に一回は立ってかかとを上げたり、背伸びやストレッチをしたりすると予防につながるとのことなので、積極的に体を動かしたいですね。なかなかデスクワークの方は難しいですが、極力立つ時間を増やしたいものですね。

 

心筋梗塞のリスクも高い

夏は心筋梗塞のリスクも上がってしまうんだとか…。本当に夏は健康面でリスクがいっぱいありますね。そんな心筋梗塞ですが、なんと体の中で作られるある成分が防いでくれるんだそうです!その成分とは、ビタミンDです!!

 

このビタミンDですが、日光に浴びないと体内で合成されないビタミンなのです。そのためビタミンDの合成のために一日少なくとも5分は日光に浴びるべきだそうです。会社で内勤がメインの方は、せめて昼休憩だけでも外に出るようにしましょう!その際紫外線が気になる方はサングラスや日焼け止めで紫外線をカットしましょう。

 

マグネシウムは心疾患になる確率を30パーセントも減らしてくれる

なんとも優秀な成分ですね!日本人に不足しがちなマグネシネウムですが、どんな食材に入っているのでしょうか?調べてみました!

マグネシウムは、のり、ひじき、わかめ、大豆製品、抹茶、ごま、しいたけ等たくさんありました。暑くてアイスやそうめんを食べたくなりますが、バランスの良い食生活を心がけたいですね!

 

まとめ|血液サラサラ

生活をしよう!

こまめに体を動かすこと、水分をしっかりとり、ビタミンDの豊富な食材を摂ることは血液サラサラにつながります。

のどが渇いたけど、もう少し我慢しよう!という考えは捨てて、のどが渇く前にしっかり水分補給をし、ビタミンDの含まれた食材をとって、残りの夏を生き生きと過ごしたいですね!

時間を増やすために始めた時短テクニックについて

f:id:jitan-healthcare:20180818200725j:plainこんにちは!S子です。

 

本日は自由な時間を少しでも増やすために心がけていることを書きたいと思います。

以前は自由な時間がないことで悩んでいましたが、自分の趣味に充てる時間が少しでも増えるように始めたこと、やめたことがたくさんあります。

本日はそんな生活の一部で工夫をしていることを紹介します。時間がなくて悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

  • 物を捨てる

時間を作り出すために一番初めに行ったことが「断捨離」でした。

モノがあふれていると、探しているものがすぐに見つからないということがありますよね。モノを探している時間ってなんだかもったいないなと思ったのがモノを捨て始めたきっかけです。物が家からすくなったことで必要なものがすぐに見つかるようになり、「探す」にかけていた時間を自由な時間に充てることができるようになりました。

なかなか物を捨てられない方は、その物を以前いつ使ったか、どのくらいの頻度で使っていたかを振り返ることがおすすめです。1年以上前に使ったようなものは今後もそれほど使う機会はないと思うので、捨てたほうが良いと思います。捨てるのがもったいなくて捨てられないという方は、写真に残してメルカリなどで売ることをおすすめします。

 

  • 掃除にかける時間を減らす

私自身きれい好きで、きれいな状態を保っておきたいから掃除をやめることはできませんでした。ただ、ものを減らしたことで掃除する箇所が減り、結果的に掃除にかける時間は以前よりも随分と減りました。以前はというと、休みの日は朝起きてから気が済むまで掃除をし、気が付けば昼になっていたということが度々ありました。今は毎朝出勤前には掃除が済み、毎日きれいな状態を保っています。

 

例えば、お風呂場にに洗面器や椅子があったら、その洗面器や椅子に水垢やピンクぬめりが発生して、それらをとるために掃除をしますよね?

ただ、そもそもお風呂場に洗面器も椅子もなければ、それらを掃除するという行動自体が減らせますよね!

お風呂場以外でもモノを最小限にすることで、そのものをきれいな状態で保っておくための掃除の時間を省くことができてしまいます。

 

  • 調理、食事の時間を減らす

私は一人暮らしで盛り付けが下手でも何も言ってくる人が幸いいないので、一つのお皿で食事を済ませています。そうすることで洗い物を減らすことができ、結果的に洗い物にかけていた時間を減らすことができます。

外食は2ヶ月に一回ほどしかしませんが、自炊も調理と呼べるようなことはしておりません。毎日食べるものもある程度決めており、ローテーションしているので、今夜は何を作ろう、と考える時間やスーパーで何を買うか悩む時間が省けました。いつもストックしているものを同じ順番で食べているので調理から食事が終わるまでの時間があっという間に過ぎてしまいます。

 

短調理を始めてから、特に重宝しているのが業務スーパーの冷凍野菜です。500ワットの電子レンジで5分ほど加熱することであっという間に温野菜ができます!よく昼ご飯はこれらにクリームチーズをつけたり、カレー粉をまぶしたりして食べています。これがまたおいしくてやめることができないのです...。

 

 ちなみに私の家には調味料の「さしすせそ」は基本的においていません。置かないことで味付けの幅はもちろん減りますが、減ったら階に行くという時間が無くなったので自分の自由な時間が増えてよかったと思っています。

 

一般的に家庭にあるものや常識を少し疑ってみて、自分には必要ないかな?と思った物はとことん減らしていく。無駄や選択肢を減らすことで、代わりにできた時間を自分のやりたい作業に費やすのはいかがでしょうか?

 

自由な時間を増やすための「時短テクニック」を始めたきっかけ

f:id:jitan-healthcare:20180818212051j:plain

こんにちは!S子です。

 

本日は私の大好きな「時短テクニック」を始めたきっかけについて書いていきます。

 

22歳で就職し、上京して半年ほど経ってから、自分の自由な時間をどうすれば少しでも増やせるかということばかり考えていました。

 

私が初めて入社した企業は24時間営業の飲食店でした。シフト制で夜勤あり、土日祝日も勤務だったり休みだったり、週に休みが2日ある時もない時もあったりしました。

店舗勤務で毎日調理、接客して慣れてきた3か月目に思ったこと、それは休みの日に自分の疲れた身体のケアに費やしている時間が長すぎるということでした。立ち仕事で力仕事もかなりありましたので、足はパンパンにむくみ、腕は軽い筋肉痛のような症状で痛く、手は洗剤に負けてボロボロになっていました。そんな状態で、次の休みに何しようかと仕事中に良く考えていましたが、大抵は疲れきった自分を癒すことばかり考えていました。むくみがとれる整体や銭湯に行きたい、皮膚科に行きたい、リフレを受けたい、リラックスできるグッズを探しに行こう、とにかく次の仕事にベストコンディションで臨めるように癒されたい!といった感じです。

 

半年ほどプライベートは心身共の癒しに費やしていました。そんなある時、久しぶりに学生時代の友人に会うことになりました。

その人は営業のお仕事をしており、休みの日は自分のコミュニケーション力を上げたい、営業の仕事に活かしたいということで営業セミナーに良く休みの日は参加していたのです。他にも、仕事に関係する本を読んでいるということで自分のスキル向上のために毎回お休みの日は努力されていました。

 

そんな話を聞いて、ふと自分はそんな自分のスキル向上、市場価値を上げるために何か努力したことがあったっけ?と思ったわけです。もちろん、ない!何も自分のスキル向上のための努力なんてしたこと、ありませんでした!

 

これはまずいかもしれないと思い、仕事で何か活かせそうな本を読むことから始めようと思ったのですが、時間があまりとれないことに気が付きました。時間って本当にないのかな?何か無駄な時間がないか洗い出してみようと思いついたことが、私が「時短」を意識した生活を始めるためのきっかけです。

 

「時短」の目的

前置きが長くなりましたが、物事にかける時間を減らすことの私が立てた目的は自分の自由な時間を少しでも増やすことです。増えた時間でもっと本を読みたい、外部のセミナーに参加して仕事にふやしたい、という目標をかなえるために自分の自由な時間を増やすということが目標です。毎日費やしている時間の中で減らせそうな時間はないかなといろいろ模索してみました!するとたくさん出てきました。もっと早く始めていれば、もっと自由な時間が増えていたかもしれない、とその時は思いましたが、早めに無駄な時間があることに気が付けて私は恵まれているな、とも感じました。

 

本日のお話はここまでで、また明日具体的に時短のために購入したもの、行っていること、やめたことについて書いていきたいと思います!

頭痛に関係のある食べ物と成分について

こんにちは!S子です。

 

本日は頭が痛いときに摂りたい食品についてご紹介します。

食べ物に含まれる成分で頭痛が軽くなったり、反対にひどくなってしまったりすることをご存知ですか?

頭痛の原因は食生活以外にも、寝不足や寝すぎだったり、季節の変わり目だったり、ストレスだったりと様々です。

自分の頭痛が何が原因で起こってるか分かれば対処しやすいのですが、どうして頭痛が起きているのかわかっているなんて方はあまりいらっしゃらないと思います。

正直私も頭痛がするときはストレスかな?それとも寝不足だからかな?といった具合ではっきりと原因がわかることは少ないです。(飲み会の翌日はお酒が原因だとわかるようになってきました!)

 

私ですがチーズが好きで、チーズを食べすぎた次の日の朝がなんとなく頭痛に悩んでいました。チーズ以外にも夜ご飯に玉ねぎを食べた日は、翌日頭が痛くなっていました。そんなことがあり、食べ物と頭痛は関係するのかなと思ったことがきっかけで、頭痛を引き起こす成分について調べてみました!

 

頭痛を避けるために控えたいもの

・チラミン

血管を収縮させる作用がある成分で片頭痛の原因となります。チーズ、玉ねぎ、チョコレートに多く含まれている成分です。

 

ポリフェノール

身体の酸化を緩やかにする作用で積極的にとりたいと思いがちですが、頭痛を引き起こす原因となる成分の一つです。頭痛でよく悩む方は控えたほうが良いかもしれません。チョコレートや赤ワインに豊富に含まれています。

 

グルタミン酸ナトリウム

こちらも頭痛を引き起こす成分の一つです。うまみ成分として調味料でよく使われるもので、血管拡張作用があります。スナック菓子に良く含まれている成分です。

 

頭痛を和らげるために取りたい成分

・水分

脱水症状がおこっているときに頭痛がするのは水分不足だからだそうです。二日酔いで頭痛がするときは、水分不足であることが考えられます。

 

マグネシウム

血管を緩めてくれるため、血管が拡張しているときにおこる片頭痛に効果のある成分です。ホウレンソウ、イワシ、アーモンド、バナナ、大豆製品に豊富に含まれているので朝起きたときに頭痛がする場合は今日のお弁当にこれらの食品を使うのもいいかもしれません。

 

・オメガ3

鮭、イワシ、サバ、サンマといった魚介類に豊富に含まれている成分です。これらの食品も片頭痛や炎症が由来の頭痛には効果的です。

 

・カフェイン

頭痛が起こったばかりの時に摂ると効果的だそうです。ただ、摂りすぎるとカフェインの利尿作用により水分不足となり、脱水状態となりより頭痛を引き起こすこともあるようなので一杯程度にとどめておいた方がいいかもしれません。コーヒー、緑茶、抹茶、紅茶に多く含まれています。

 

以上が頭痛と関連性のある成分と食品でした。頭痛でお悩みの方は頭痛を引き起こしがちな成分は控えるようにして、頭痛を和らげる成分を少し取り入れてみると頭痛で悩むことが減るかもしれないですね。私は夜のチーズをやめてから翌日頭痛で悩むことが少なくなったので、避けたほうが良い成分の食品を控えるだけでも効果はあると思います。

池袋でハリネズミとフクロウと触れ合える!あうるぱーく フクロウカフェ池袋に行ってきた!

こんにちは!S子です

 

先日池袋にあるハリネズミとフクロウがいる「あうるぱーく フクロウカフェ池袋/東京 Owlpark(owl cafe Ikebukuro)」に行ってきました!

こちらのハリネズミとフクロウカフェですが、私の大変お気に入りでたびたび癒されに行っています。

今回は平日行ったためか比較的すいていて、ゆっくり触れ合うことができました!

 

こちらのカフェはスタッフの方に伝えればフクロウを腕に乗せたりハリネズミを抱っこしたりすることができるんです!!私はフクロウは少し怖いので、毎回ハリネズミさんを抱っこさせていただいています。どの子も触れ合ってよいのではなく、中にはふれあいNGのフクロウや、ハリネズミもいます。基本的に生まれて2~3か月のフクロウやハリネズミは腕に乗せたり抱っこをすることはNGなんだそうです!ただ、見ているだけでも十分癒されて満足すること間違いありません。

 

フラッシュはNGですがお写真はとってもいいとのことで、たくさん撮影させていただきました。フクロウはおとなしい子が多かったですが、近づくと飛び乗ってきてびっくりさせてしまう子もいるようです。私は近づいて写真を撮っていましたが、幸い急に飛んで来られることはなかったです。ほぼ動かないでじっとしている子のほうが多いです!

ハリネズミさんは時間がきまっていますが、スタッフの方に伝えれば抱っこさせてもらえます。素手ではなく、専用のグローブをお借りしはめさせていただきます。やはり素手だどとげが立ってしまった時に痛いのだそうです…。

ハリネズミさんですが、はじめは手の中でおとなしいのですが、だんだん飽きてしまうのか活動的になってきます。落とさないように手で階段を作るようにしてあげるのですがスピードについていけず、毎回おろしています。。

 

スタッフの方にお願いすればハリネズミさんやフクロウと一緒にお写真を撮ることができます。私がちょうど行ったときに小さな男の子がフクロウを腕に乗せて写真を撮ってもらっていましたが、本当に嬉しそうなとびっきりの笑顔でした。お子様がいる方はお休みの時に一緒に行ってあげると素敵な思い出にもなりますし、とても喜んでくれると思います!

 

また、こちらのお店リクルートホットペッパーグルメのポイントでお支払いができます。事前にサイトより予約をする必要がありますので、ポイントを使う場合はサイトから予約を忘れないようにしてくださいね!あとは入館前に伝えていただければ問題ないです。

ポイントを使わない場合は予約不要です。時間は無制限のため、時間を気にせずゆっくり触れ合うことができます!

池袋西口を出て3~5分程歩いたビルの2階です。丸井の裏側にあります!

 

・入場料:大人1200円・高校生以下1000円・小学生未満無料 

 ・営業時間:11時~20時(最終入店受付19時30分)

血糖値の急上昇を防ぐ食事方法について

こんにちは!S子です。

本日は血糖値の上がり方を緩やかにする食べ方について紹介したいと思います。

 

血糖値って言葉聞かれたことはあると思います。この血糖値ですが、上がるスピードをコントロールすることで健康やダイエットに大きく影響を与えるほど重要なんです。

 

 

血糖値を上げにくくする方法

血糖値の上がり方を緩やかにする方法はいくつかあります。いくつかある中で、食前、食事中に取り入れやすい方法について紹介していきたいと思います。

 

  • 食べる順番を意識する

食べる順番ダイエットで聞いたことがあるという方はたくさんいると思います。この食べる順番ダイエットですが、血糖値が急上昇しないものから食べることで体に脂肪をため込まないようにするという方法なんです。具体的には食物繊維が豊富でGI値の低い野菜から食べていき、次に肉、魚、卵といったたんぱく質、最後にたんぱく質をとるという方法です。

 

  • 食前に豆乳を飲む

ダイエットを始めて以来私が継続しているのが食前に無調整の豆乳を飲むということです。これは自分でも効果を実感しているおすすめの方法です。無調整の豆乳は食物繊維も豊富で、糖の吸収を緩やかにしてくれます。カリウムも豊富なのでむくみ対策にもなります。ここで注意していただきたいのが、選ぶ豆乳は「無調整」であることです。ここで調整豆乳を選んでしまっては、砂糖が含まれておりせっかくの血糖値の上昇を緩やかにするという効果が期待できません。味になれるまでは大変ですが、ぜひとも試してみてください。中でもおすすめなのが、スジャータの「豆乳+おから のむ大豆」という豆乳です。白いパッケージのものもあるのですが、赤いパッケージのほうが食物繊維が豊富でダイエットに向いています。(200mlあたり4.9gも含まれています!!)

とろみがあり、濃厚なので、電子レンジで200ml、500ワットで1分30~2分温めるとスープのように味わえます。

もし、豆乳がどうしてもだめでという方は、牛乳、野菜ジュース、トマトジュースを食前に飲んで見てください。これらも食前に飲むことでその後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

  • 食後に緑茶をのむ

カテキンには食後の血糖値の上がるスピードを緩やかにしてくれる効果があります。あまり苦くて飲みなれない方は牛乳を入れると味がまろやかになります。カテキンの効果で血糖値が急上昇しにくくなるので食前、食事中、食後いつでも良いので取り入れてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?血糖値の上昇を緩やかにすることはそれほど難しくないとお判りいただけ多と思います。血糖値の急上昇を避けることはダイエットだけではなく体への負担も減るので、何をどういう順番でたべるかを普段から意識してみてくださいね。